ふりむけば、ひじき ~木彫りでフィギュア作るよ~

木彫りとか、東洋医学とか、普通じゃないことしたいですよね
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 木製タッチペン作るよ その3TOP木製タッチペン、スタイラスペン ≫ 木製タッチペン作るよ その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

木製タッチペン作るよ その3

寒い寒いと思ってたら雪降ってますやん

どうも。
木製タッチペン三回目。
今回は導電加工です。

前回まででペンの形としては完成したのですが、
タッチペンとして反応させるために必要な導電させるものができていません。
どうしようかと自作タッチペンをググって見て回りましたが、
アルミホイルでぐるぐるまきだったりとかであまり見栄えが…という感じ。
作るならある程度すっきりとした出来にしたいです。

ようは取っ手の部分とペン先が電気的?につながってればいいわけですから、
アルミホイルで巻くのと同じように金属を取っ手に這わしとけばいいのです。

なのでアルミホイルではなくアルミの針金を取っ手に巻くことにしました。
ペンから伸びたアルミ線が取っ手に巻かれていれば、
その線を触ることによってタッチの反応は出せるはずです。

しかし単純に巻いただけでは見た目も微妙ですし触っているうちにずれる恐れがあります。
なので取っ手部分に溝を彫り込み、そこに線をはめ込むことにしました。
やっと木彫り要素出ましたね!

できたのがこちら。

取っ手を途中で切断して、そこから見えるペンにアルミ線を巻きつけます。
そのまま線を外側に這わせて溝にはめ込めば、完成。

サラっと完成画像出しましたが、案外溝彫るのが時間かかりました。
幅と深さを見ながら歪にならないようにほるので、結構神経使うわけです。

切り落とした持ち手を接続した全体像がこちら。

アルミ線の先は穴に引っ掛けてあるだけです。
これだけでも、しっかり巻けばきっちり止まってくれます。
ペンのケツ側にも(パイプなので)穴が空いてますが、
ここはバルサ材をコインのように丸い板状にして
はめ込んであります。

これにて完成です。
案外時間かからず終わりました。
ちゃんと反応もしますし、持った感じもしっくりきます。
木なので冷えませんし、あたりが柔らかいのが良いですね。
作ってよかった。


で。
ここまで作ったわけですが、作ってる途中に
「これ何かに応用できるよね」
と思ったわけです。

なので突然ですが次回は
艦これのタッチペンつくろう!
です。
がんばるよ!!


にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。