ふりむけば、ひじき ~木彫りでフィギュア作るよ~

木彫りとか、東洋医学とか、普通じゃないことしたいですよね
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 彫刻刀の研ぎ方ならネット見ればわかるとTOP雑記 ≫ 彫刻刀の研ぎ方ならネット見ればわかると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

彫刻刀の研ぎ方ならネット見ればわかると

そう思っていた時期が私にもありました。

どうも。
彫刻刀の手入れをしているのはいいのですが、色々わからないところもあるわけですよ。
研いでも研いでも先が尖らないとか、研いでるうちに刃を作れる部分がもうなくなってきたとか
ちょっと自分でも何言ってんのかわからないけどとりあえずピンチなんですよ。

で、わかんないけどググりました。
つまり、「裏出し」をしなけりゃならない、ということです。

説明しよう。全部ネットの知識だがな。
平刀とか印刀みたいな平べったい刃をした彫刻刀も、実は刃以外の部分が若干反ってるんですよ。凹んでる感じに。
DVC00030.jpg
彫刻刀を裏から撮ったものですが、光り方が違うのがわかるかと思います。
この柄から山形に伸びてる黒めの部分がすこ~しだけ反ってます。
その上の白っぽい部分は平らになってるんですね。そこを砥いで刃にしているというわけです。
で、画像を見ればわかるとおりに、問題は刃にする平らな部分がもうないってことです。

この、刃にする平らな部分を作る作業が裏だしというのです。
やりかたはちょっと説明しきれないのでコチラを見ていただきたい。詳しく説明してくれてます。

包丁研ぎにはない未知の作業だし砥石の種類もそんなに持ってないしで正直きついです。
もう外注しようかと考えてますが、なんとかモノを買い揃えてトライだけはしてみようと思います。
人間なんでもやってみないとわからんよね。

とりあえず色々学んできます。
頑張れ俺。


にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。