ふりむけば、ひじき ~木彫りでフィギュア作るよ~

木彫りとか、東洋医学とか、普通じゃないことしたいですよね
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ドライ「ヴィ」ングゲームで教習の復習TOP雑記 ≫ ドライ「ヴィ」ングゲームで教習の復習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ドライ「ヴィ」ングゲームで教習の復習

どうも。もうすぐ本試験迎えます。
さすがにビグザムと戦ってる場合じゃないですね。
今更ですが教習の本を見なおしたりしてます。
そしてハイスピードドライ「ヴィ」ングRPGというジャンルのゲーム
「レーシングラグーン」で運転の復習をしています。
ちなみにRPGとは
RACING POEM GAME
の略です。あらゆる意味で頭おかしいゲームですが、慣れると楽しいです。

なんせフットブレーキ使わないゲームですから。使うのはサイドブレーキのみ。
ブレーキは止まらない曲がれないの糞仕様なので縛りプレイぐらいにしか使えません。
サイドブレーキもかなり扱いづらいですが、慣れてくるとだいぶん楽に話が進められるようになります。

「RPG」ですから、エンカウント戦もあります。
道走ってるといきなり他の車がパッシングしてきてレースに突入します。
勝ったら相手からパーツをひとつ奪えるという。エンジンとか奪えます。取られたほうどうすんだよ。
まあそんなカツアゲを繰り返してパーツを集めていくのです。
もちろん負けたらCPUにエンジン取られることもある素晴らしいゲームです。

終盤になればエンジンにターボとスーパーチャージャー詰め込んで1000馬力とかのマシンが作れます。
3秒で時速150キロに到達するのですべてを置き去りにできます。
レーシングゲームとして大切なモノをすべてなくしてきたようなゲームです。

現在、縛りプレイをしてまして

リセット無し、
エンカウント戦での相手の選び直し無し、
1つのチャプターの中でのモブ戦は5回まで、
使えるボディとシャシーはハチロクのみ、

という条件で進めております。
ちゃんとクリアできるといいな!

ではまじめに勉強してきます。
あとちょっとだ。頑張ろう。


にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。