ふりむけば、ひじき ~木彫りでフィギュア作るよ~

木彫りとか、東洋医学とか、普通じゃないことしたいですよね
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

簡単にできる自作タッチペンの巻

編集間違えて記事を消した日。
だから再掲…


どうも。
今日は木彫とかしません。
とにかく簡単に自作タッチペンを作ります。
たまにはラクしたいんだ。

今回の目的は

作業が簡単
材料が身近
しっかり反応する


の3つを目指して考えたやつ。
なので見た目は度外視。
最初に完成画像を貼ってしまおう。

DSC_0129.jpg

これだ。
簡単そうでしょう?

さて材料。
・ボールペン
・惣菜のトレー(透明がベスト)
・ポテチとかの袋
・アルミホイル
・セロハンテープ
の5点。

トレーはあまり厚くないほうが良いが、感触の好みによって変えてもよい。


まずはトレーの平面部分をハエ叩きみたいな形に切り抜く。
四角の部分は1辺8ミリあればなんとかなるかな?

この四角がタッチする面積になるので大きければ大きいほど反応は安定する。見にくくなるけど。

取っ手の部分は細めにして、ひとまず2センチぐらい作っておく。

DSC_0118.jpg


このパーツが導電させるフィルムのガイドとなる。
このガイドがキモで、これによりタッチしやすくなり、耐久性も上がる。


作ったハエ叩きの取っ手の部分に折り目をつける。
根本で曲げて、2ミリぐらいあけてすぐ折り返す感じ。こんなん。

     /
    /
___\


DSC_0120.jpg

DSC_0121.jpg

よく見ると折り返してある。
この折り返しがあるとクッション性が上がりタッチしやすくなる。
あまり強く折り曲げると割れる時があるからちょっと優し目に。


次にポテチ袋を、ガイドのサイズに合わせて帯状に切る。
位置とサイズを合わせたらセロハンテープで巻き止める。

DSC_0123.jpg


しっかり固定できたならガイドの角を少し落とし、帯も少し細めに切る。

DSC_0124.jpg

もうすぐ完成。


ボールペンの芯を出し、先がガイドの中央に当たるように調節しつつガイドをテープで固定。
ガイドが少し斜めになるようにすると使いやすいかも。

DSC_0125.jpg

DSC_0126.jpg


あとは帯を上まで伸ばし、アルミホイルで巻き止めてホイルも固定する。

DSC_0128.jpg

完成!


DSC_0129.jpg

ガイドがあるので劣化しにくいのと、導電面積?が確定で確保できるので反応は良い。
手軽に作れる最低限の性能かと思う。

<応用編>

タッチ部を確認したい人は帯先端を凹みたいに切ると良い。

DSC_0130.jpg

DSC_0131.jpg

先端の位置合わせが面倒なのと導電部の面積減るけど、
こちらの方が圧倒的に見やすい。一手間かかるけれど。

まあこっちのほうがオススメです。
作るならちょっと凝りたいよね。



ハイ!今日はここまで!
ぜひとも試してね!
皆さん楽しいタッチペンライフを。


にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。