ふりむけば、ひじき ~木彫りでフィギュア作るよ~

木彫りとか、東洋医学とか、普通じゃないことしたいですよね
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

木彫りでガンダム ビグザム編 その3

設計図と戦っております。泥仕合です。苦しい。

どうも。木彫りビグザムの設計図の紹介です。途中だけど。
前回アップした下書きのものをやっと方眼紙にうつし始めました。
前々からわかっていたことですが、地味で苦しい作業です。長さ見ては調節、の繰り返し。

まずはサイズを決め、素材を選びました。
軽く図を見て気づいたのですが、このビグザムは全体が正方形に収まります。
なので手持ちの正方形の角材をチョイス。一辺7cmです。

IMG_20140829_005259.jpg

右の立方体が素材です。大きさのサンプルとしてメガシャキのボトルも。
ついでにエラー娘も入れました。あまり大きさの分かる写真とってなかったので、ついでです。
この大きさを見る限り、ビグザムはエラー娘よりも小さくなります。

細部の作りこみを考えて、もう少し大きくしても良かったのですが大きくしてもそれはそれでつらい。
なのでとりあえず手元にあった7cm立方体でいきます。まあなんとかなるだろう……。

で、設計図はこんなかんじ。
IMG_20140829_004509.jpg

上の2つの絵が下書きで、下が方眼紙にうつしたものです。
下書きは7センチに収まるように調節して、細部をしっかりさせて書き込み。
アバウトに書いてた部分をきっちり書かなきゃいけないので神経使います。

特に足です。デフォルメしてるぶん、向きとか角度とか長さとかを自分で調節しなければいけないので
書いては消し、書いては消しの繰り返し。ここでだいぶん時間を使いました。
その上あんまうまく行かなかったです。注意して作ってみます。
修正きかないって楽しいですよね!


前面と側面が終わったので、残りは後面と上面、下面です。
さっさと終わらせて削りに入りたい……。
前回の道具紹介の時に彫刻刀の手入れをしたので、早く刃の具合を確かめたのものです。

まだまだ頑張るぜ。


にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

道具の手入れってテンション上がりますよね?

方眼紙が見つかりません。狭い部屋のどこに行ったんだよ……
なのでまた脇道の話。使ってる道具の話です。

現在使っている道具たちはこれ。
IMG_20140825_232013.jpg

おおまかな形は糸ノコ、形作りに彫刻刀、細部の作りこみをカッター等で行っています。
デザインカッター、1ミリの小型平刀彫刻刀、先の丸い小型のカッターが3種の神器ですね。
こいつらがいないと仕事が進みません。

特に1ミリ彫刻刀が参戦してから一気に作業がはかどりました。中央下段の赤いやつです。マジすげえ便利。
狭いスキマの加工がこいつなしでは行えません。早く買えばよかった。
シリーズ全部揃えるレベル。

やはり道具は適切なものを使わないと話になりませんね。最初はなんとなくで使ってました。
それぞれの使い方をわかってくるとより楽しいです。

手入れも何とか自分で行っています。写真右上の青いのが砥石ですね。
バイトの頃に包丁砥いでた経験が今になって役に立っています。指まで砥いで血が止まらなくなったいい思い出。
彫刻刀は刃が小さいので研ぐのもなかなか難しいですけど、研ぎ終わった時がとても楽しい。
なんでもきれるよ!的な。

とりあえず研ぎ直して方眼紙見つけてきます。
早く図面仕上げたい……。

では。
雑記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

木材の話と自己顕示欲。

ビグザム設計図が進まないので脇道にそれる話。ついでに方眼紙がどっかに消えました。作業進まない。

現在サイトを巡ってその時に使える最適?な素材を探しているわけですが、正直わからないことが多すぎるわけです。
桂は加工しやすいですよ!とか鵜呑みにしてえらい目にあったわけですし。いや自分が甘かったんですけど。

で、次何使おうという話です。ちなみに今までの流れは
(発泡スチロール→)バルサ材→バルサ材→桂
でしたが、他の素材……ってことで探してきました。

ヒノキです。

木曾ひのきとかありますよね。なんか高そうってぐらいの知識しかないですが。
ググってみたら、まず通販できるサイトが仏像関係ばっかり。そして高い。お、おう……ってなる。
そりゃ仏像ほるぐらいにしか使いませんわな。こういうのは。あとはクマでもほってるのか?

探すと色々作ってる人達もいらっしゃるようですが、いまいち流行ってないようです。
そりゃわざわざ木を使う必要はないんでしょう。ガチでフィギュア作るんならプラスチック使うべきだし?

けど最近3Dプリンターとか出てきましたからね。マジ超高性能。図面作れればフィギュアとか全自動ですよ。
簡単に図面も作れないでしょうけど、どうも技術としての上位互換?があると思うと少し萎えるところがあります。

今は自動で木製フィギュア作ってくれる機械はなさそうですしね、人の手が入る余地が残ってるので安心してます。
けどゆくゆくはそういう機械もできる気がしますが。まだ出てこないでくれ。

狭くてニッチなところを狙って趣味にしたりブログにしたりしたわけですが、中々世の中厳しいですね。
まあ閲覧数が増えないのはニッチだからじゃないでしょうがね!
もっと作品ができてくれば見に来てくれる人も増える、と信じております。
ほんと閲覧数増えませんわ。心折れそう。ちくしょう。


まあブログなんて自己顕示欲の塊なんでしょうし(少なくとも自分は)、見てほしいよ!褒めてほしいよ!ってのは
わざわざ言わなくてわかりきった話だとは思うんですけれども。
ただまあ褒めてもらえるっていうのはとても嬉しく楽しいものですよね。

日常生活でそんなに評価されるようなことはしていないので、まあなんとかここらへんでひとつは自信が持てるものを
作りたいものです。俺はこれに力入れてて結構すごいんだよ!っていうの。
作品売ってお金とかで評価してもらうのもいいんでしょうけど、とりあえず直接的に褒めてほしいという気分です。

お金より名誉!とかいうことじゃなくて、とにかく人に見られて、評価されたい。お金と別の位置にある欲求です。
両方手に入ったら最高ですよ!


ちょっと話がそれましたが、ほどほどにやっていきます。
さっさと方眼紙探しだして図面書いちゃおう。

頑張ってまいりましょう。では。


にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村



雑記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

木彫りでガンダム ビグザム編 その2

集中してやりすぎて手にマヒがおきました。多分首の緊張のせい。程々って大事ですね。
ちゃんと更新していこうって思った矢先にだいぶん間が空きました。
ほどほどに頑張りましょう。休憩はさむって大事だよ!

どうも、木彫りビグザム2回目です。
前回デフォルメしたビグザム作ってみようと思ったわけですが、ネットで探して出てくる画像は普通?のビグザムです。
その普通のビグザム画像を自分でいじってデフォルメビグザムを作らなければいけないわけですが、
これが結構難問です。作業が進まない。

縮尺、それぞれのパーツの大きさをいじって、その上で違和感のないように仕上げるって思った以上に難しいです。
そしてどこまで細かい細工を入れていくか、とか。細かいの詰め込むと実際の作業中に死にますからね。
特徴抑えて、かつシンプルとかすげえ。ちゅるやさんとかね、ほんとすげえ。かわいい。見てた当時は気づかなかった。

まあ四苦八苦しながらとりあえずデザインは簡単に決まりました。ダメだったら色々変えていきますが、
とりあえずはこんなものでしょう。

こんなもの。

IMG_20140822_001219.jpg

上のアバウトな絵はモニターに紙をかざして簡単にトレス?した図です。
で、他の画像とか見ながら修正して下のになりました。横からの図とか後ろからとかも作らねばならんのですが、
最終的にはこいつを方眼紙に写して細部を書き込んでいきます。

ここから細かいサイズとか確定させるのでまた時間がかかるわけです。ギターの時にも苦労した点です。マジ。
方眼紙もどっかに紛れ込んで見つからないし、ひとまずはここまでで今回は終了です。
早めに設計図ぐらいは完成させたい……。
作り始めたらまたテンション上がるので、それはまた楽しいひと時。

ではまた。根を詰めすぎないよう気をつけましょう。
手がしびれるとすごく怖いです。ちゃんと病院行きましょうね!

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村
木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

木彫りでガンダム ビグザム編 その1

タイトルそのまんまです。次はビグザム彫ります。

どうも。先日友人に「ブログ作ったから褒めてくれよ」と言ったら
「ビグザムくらい作らないと褒めない」

と言われましたので、4作目はビグザムになりました。
彼もまさか本当にビグザム作るとは思っていないでしょう。みてろよ…マジで作るからな…

このブログを覗いてくれてる人でビグザムを知らない人はほぼいないと思いますが、
一応説明すると「ガンダムに出てくる脚の生えた緑色のUFOみたいなやつ 」です。
あとで画像探してきます。

とは言ったものの、ビグザムがどんなものかは知っていますが細部はよく覚えてません。
なのでまずはプラモを探しに行ったのですが、
どこ覗いてもないです。
店員さんに聞いても「ビグザムは置いてないですねえ…(苦笑)」
という対応をされます。まあ置いてないよな。需要ないだろう。キモいし

仕方がないので今回も画像から設計図を作っていきます。
画像検索で出たビグザムを片っ端から保存して回っています。
実はこの段階が一番楽しかったりしますね。
このあとずっと戦いになるけど。

構想ねってる段階だと、リアルなミニチュアビグザムというよりも
デフォルメされたものになりそうです。
まず見た目キモいしかわいいほうが作るモチベーション上がりますよね。

設計図を作れた段階でまたブログに載せようと思います。
ぶつぶつ文句言ってもやってしまう。良い傾向。

頑張るぜ。


木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

木彫りでけいおん! その2

マジもう二度とやらねえ。
どうも。木彫りでけいおん!その2です。ええ、完成しました。
つらかった。とてもつらかった。早く完成させねばとおもい、ぶっ続けで作り続けました。
まずは前回の続きから。

IMG_20140814_020630.jpg

角落としてヘッド部分を大体作りました。ヘッド部分は細かいピン等があるのでそれの加工は後回しにしてあります。

ナナメから。

IMG_20140814_020711.jpg

まだ厚さの調節ができてないのが見えます。ひたすら削ります。ひたすら。
裏側にもネジとかあるのでその分を残しておきます。まあ削りすぎましたけどねry
そしてペグ(回すネジ部分)の加工。ちょっと削って形を把握。

IMG_20140814_020734.jpg

大体の形を作ってからミゾを深くしていきます。慎重に。、削ってる途中で
メキッ
って音がしまして、大分焦りました。とりあえず大丈夫らしいので続けて……

1408111698079.jpg

致命傷でした。
まあだいぶん余裕を持って作ってましたので、小さめに削って何とかことなくをえました。あぶねえ。
で、ヘッド部分完成。

IMG_20140815_044917.jpg

IMG_20140815_044841.jpg

肩も首もバッキバキです。力入れすぎ。
しかしそのままネック部分の加工に突入。ここでやめたら二度とやらない気がする。

ひとまず採寸してフレットごとに浅く切れ込みを入れます。
この切れ込みにそって浮かし彫りにしていきます。
またこれが首肩にダメージを与える。つらい。頭痛が痛い。しかしやめたら負け。
作ってる最中また変な音がしたような気がしたんですが、無視。
で、完成がこちら。

1408111669514.jpg

致命傷でした。(二回目)
ペグの時もそうでしたが、パーツの付け足しは無しです。
個人的なしばりとして、パーツを作っての組み立てはしないようにしています。
組み立て方式にしたらプラモ買ってろって話になってしまう気がして、全部ひとつの木から削りだすようにしております。
残念ながらここの欠けはそのままです……。次回は気をつけよう。

その後ヤスリがけと細部の作りこみをして、完成。終わった。三作目完ッ。

○けいおん!のギター ムスタング
素材:桂
サイズ
 縦:16.5cm
 横:5cm
 厚さ:1.5cm
使用したもの:彫刻刀、糸ノコ、デザインナイフ、キリ、ドリル、紙やすり(320番)

表。
IMG_20140815_122149.jpg

裏。
IMG_20140816_013906.jpg

ボディ拡大。
IMG_20140816_014039.jpg

ネック拡大。欠けが見えます。
IMG_20140816_014059.jpg

ヘッド拡大。
IMG_20140816_014143.jpg

つらかった……ほんとうにつらかった……。
二度とこいつは作りたくないと思ってしまうほどに先が見えなかったです。
完成したのも先輩、そしてこのブログのおかげかなと。一人でつくり上げるのは無理ですね。気力的に。
まあ完成したからもういいんです。もう喋るのも疲れた……

はやく先輩に渡して、次にとりかかります。
ちなみに次の題材も決まっております。
うん、ギター以上に時間かかりそうry

ではまた頑張ります。今後ともよろしく。


木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

木彫りでけいおん! その1

木彫りなめてました。すみませんでした。
前回で作品ストック終わりです。現在次を急いで作ってますが全然完成しない。ヤバい。

どうも。作品紹介3個目はけいおん!ネタ「中野梓のギター、マスタング」です。
艦これネタでも大してアクセス増えませんでしたが当たり前ですね。
とりあえず増えるまで地道に続けていきたいと思います。つまり永遠に続けるのか。ハハッ。

前作2つは完全に自分の作りたいもの作ったわけですが、正直次に何作るかを全く思いつきませんでした。
で、完成品を周りに見せびらかして悦に入っていたら先輩から「なんか作ってよ」と頼まれたので、
3作目制作を開始しました。先輩はけいおんが好きなのでそこからなにか作りやすそうなネタを選んでもらって
あずさのギターとなりました。

苦労とか愚痴とか大量にあるんですが後回しにして、設計図紹介から。

ムスタング設計図

やっと用紙が方眼紙まで進化しました。当たり前ですが、方眼紙使うと楽ですね。レシートの裏とかアホか。
ネットで拾ってきた多数のギターとムスタング画像から採寸して設計図にあげてあります。
ネック部分のそり方がうつっている画像がほとんど無くて苦労しましたが、
最後は楽器屋に実物を見に行ってうつし取ってました。協力してくれた友人に感謝。

その設計図を切り抜いて、木に貼り付けてサイズを書き込む。

IMG_20140813_001052.jpg

今回から素材がになりました。バルサ材に比べてずっしり重く、身がつまってる感じ。
こいつがまた強敵だったわけですが、まああとで。
で、形を書き込めたら糸ノコで大雑把に切りつつ彫刻刀で周りを削る。

IMG_20140813_001121.jpg

周りがだいたい終わったのがこれですね。ネック部分はボディと角度が違うので後回しにしてあります。
そこから地道に細部を削りこんでいく。削り過ぎないように少しずつ削る。
あらかた完成したボディがこれ。

未完成1

ヘッド部分は書き込みだけ。
DSC_0074.jpg


ここから面をとったり細かいところを削りこんだりしてくわけですが、現在終わっているのはここまでです。
で。
今回から細かな模様を入れるために素材を桂に変えたわけですがこいつむっちゃ硬い
バルサ材に慣れてカッターでサクサク削ってきたのと比べてとにかく硬い。絶望的に硬い。
素材の説明とか見ると、木としては柔らかい方らしいんですけれどね……

今回から糸ノコが参戦しまして最初の木材のカットから大雑把な形作りを手伝ってくれたわけですが、
糸ノコで切断するのにも苦労しました。初心者の壁を身を持って思い知りましたね。
糸ノコと同じく今回から使い始めた彫刻刀も中々思った形に削れない。作業が進まない。
前作2つで使ったのがバルサ材で本当に良かった。最初から桂だったら間違いなく即投げ出してたレベル。

写真のボディが出来た段階で力尽きまして、かなりの期間放置しました。
エラー娘作った時にも途中で放置した期間がありましたが、ムスタングについては本当に完成する気が起きなかったです。
それでも作業再開できたのは先輩に渡さなければならない、という約束のおかげだったのかなと。先輩ありがとう。


やはり一人だけでモチベーションを維持するのも限界があると思いました。まあ自分が、の話です。
それもあってブログなんか初めて皆に見てもらおうと思ったわけですけど。
同人活動とかしてる人たちってすごいです。やり通すエネルギーって尊敬に値します。

まあここまでこれたのだし、こいつはとにかく早めに完成させて続報をのせたいと思います。
がんばるよ!マジで!先輩待っててくれ!

木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

木彫りで艦これ 初代エラー娘編

流行りに乗ればアクセスも増えるよね!ということで、完成品紹介2回目は艦これネタです。
流行ってた初期に艦これやってたんですが、建造でレア出すのにだけ熱中してレベルとかあんまり上げる気がなかったので
早々にやめてしまいました。翔鶴引いて満足しましたね。終わったよ俺の中の艦これ終わった。

しかし艦これってそんな簡単に作れそうなキャラいないのでネタ選びに大分苦労しました。
艦娘とか無理です。色々装備くっついてるし。のちのち作れたらよいですけど、流石に今は無理。
じゃあどうするの、ということでデフォルメされてて作りやすそうなエラー娘にしました。

初代エラー娘は悪名高いだけあって、イラストとかもかなりあったので設計図に上げるのはまだ楽でした。
色々な方が既にフィギュアを作ってましたので、参考にもさせていただきました。
で、作った設計図がレコ。

エラー娘設計図

前回はレシートの裏使っての作図でしたが、今回は落ちてたコピー用紙に進化。
この段階では背中まで作る気がなくて後ろは背景として板を残す気だったのですが、
逆に難しいことに気づいて全面作ることにしました。

で、完成がこれです。
途中の画像?無いです。また保存してませんでした。すみません。

○初代エラー娘


素材:バルサ材
サイズ
 縦:11.5cm
 横:5.5cm
 奥行き:5.5cm
使用したもの:カッター、デザインカッター、キリ(のようなもの。名称忘れた)

正面。

初代エラー02

横。

初代エラー03

後ろ。

初代エラー04

小さいですが、正面に腹パン猫を抱えさせてます。こいつには泣いてもらってます。腹パン待ったなし。

初代エラー01

今回も素材はバルサ材です。が、やはり細かいところを表現しようとすると素材自体が潰れるので大変でした。
加工が楽だからバルサ材にしたわけですが、チョイスを間違えた気もします。
しかしこのチョイスミスのお陰で完成までたどりついたのですが、その話はまた今度。

苦労したところは、首周りの狭い隙間を形作った時と、猫を持たせる加工をしたところです。
首周りは狭すぎてカッターが入らないのでキリのようなもので無理やり割ってました。折れなくてよかった。
ここらへんの加工で時間がかかりすぎて心のほうが折れかかりましたね。全然作業が進まなかった。

このエラー娘は艦これスレに上げて皆に見てもらいました。ちょっと褒めてもらえました。わりと嬉しい。
しかし今はこんな感じでブログにも載せられてますが、完成まで本当に辛かった。正直途中で捨てようかと思った。
何かを一つでも完成させるっていうのはこんなにも難しいものかと……。投げ出しかけてまた作る、と何度繰り返したかわからん。

けど完成すると嬉しいものですね。修正点も大量にありますが、
キャラ物として作った最初ですのでこのまま保管しておこうと思います。


次回からは製作途中のものの途中経過を載せていきます。
心折れてる場合じゃない。必死に作らんとブログのネタがもうない。
しかしブログも初めてモチベーションも高めに維持出来てるので、さくっとやれる気がします。

では頑張ってきます。

木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

木彫りでソウルジェム

とりあえず始めよう。さあ褒めてくれ!
木彫り完成品の紹介第一回です。

そもそも、なんで木彫りなんか始めようかと思ったかといえば
ソウルジェムが欲しかったからです。
そうです。まどか☆マギカのアレです。

鉄で作った本格なやつから、ガシャポンのプラスチック製のやつまで色々ありますが、
とりあえず本格的なものが欲しかった。すごく欲しかった。

しかし当たり前ですが、しっかりした作りのものほど値段が張ります。正直ちょっと買う気にならない。
じゃあ作ればいいんじゃね?と思いましたが、他の方々がもうすでに作っていて、クオリティも高いものがいくつもあります。
こんな状況で中途半端なソウルジェムを自作してもいまいち面白く無い。
じゃあ誰も試してないことしよう……と考え、行き着いたのが木製、木彫りだった、と。

当初の「本格的なソウルジェムがほしい」という考えからだいぶかけ離れてしまったわけですが、
まあとりあえずやってみてから考えようと実際に作り始めたわけです。


前説が長くなりましたが、紹介に入りましょう。
とりあえず設計図?を作りところから始まり、適当に書いてみました。レシートの裏に。

IMG_20131215_025502.jpg

もうちょっとマシなもんに書けよと今更ながらに言いたい。
かなり適当に作った分サイズ等の調節で後々偉い苦労しました。
で、それをもとにして作ったのがこれです。

○ソウルジェム
材質:バルサ材
サイズ: 直径 4cm
      高さ 6.5cm
使用したもの:カッター、デザインカッター

前、

IMG_20140809_003630.jpg

後ろ。

IMG_20140809_003644.jpg

プラスチック製との比較。

IMG_20140809_004001.jpg

素材がバルサ材なので、加工はかなり楽でした。
カッターでサクサク削れますね。タマゴ型にするためにそぐ感じで削りましたが、さらっと刃が入ります。
ただ軽くてやわらかすぎるので細かい加工がしにくかったため、とりあえずここまでの飾り入れで終わりました。

本来てっぺんに付いているはずの各キャラのワンポイントは、誰にするか決められなかったため
取り付けずに終わりました。気が向いたらくっつけよう。
初めて作ったもので、なんとか完成というところまでたどりつけたのでとりあえず安心しています。

ちなみにバルサ材での制作に取り掛かる前に発泡スチロールで試しに作っています。
正直作ってた頃はブログとか考えもしていなかったので製作過程とか残ってませんが、
スチロール製のやつの途中を残してたので、まあそちらで過程を軽く説明。

まず円柱を作り、丸く加工していって

IMG_20131215_025438.jpg

下も削る。

IMG_20131215_041916.jpg

で、細かく削って完成。

IMG_20131218_034737.jpg

超アバウト。まあ今後なにか作るときはちゃんと過程を記録することにします。


はじめての木彫りはこんなものでした。修正点が大量に残った初挑戦。
まあ今後に生かせるよう努力します。
ではまた。がんばるよ!だから褒めてくれ!



木彫り | Comments(0) | Trackbacks(-)

ブログ内容について

どうもはじめまして。 ひじき と申します。よろしく。

このブログは、趣味として始めた木彫りの紹介、製作過程を載せて
作品を完成させ、趣味として続けていくためのモチベーションを維持するために作りました。
まあ端的にいえは「心折れそうなときに見て、改めて頑張る」ためのものです。

もういくつか完成品があるわけですが、正直現時点でかなりキツい。すげーキツい。
作っている途中で心が折れて、机の端っこで埃をかぶっているつくりかけを見て見ぬふりをしたりと
まあ問題のある行動も既に起こっております。

しかしながら、人生においてしたいと思いつつできていなかった「創作作業」というのをなんとか続けていきたい。
まあ、そういうことなので、頑張って載せていこうと思います。
あとは木彫り以外にも、自分が知りうる知識で、普通の人が知らなそうなこと
東洋医学のツボとか考え方についてをオタクとしての視点から解説していきたいと思います。

東洋医学の記事についても個人的にやってみたかった創作作業の一つなので、自分の勉強の一環として
調べ、まとめつつ載せていきたいと思います。


長々と語ってしまいましたが、つまりは
「褒めてほしいよ!」
ってことなので、褒めてもらえるよう頑張ります。

では、よろしくお願いします。
雑記 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。